August 05, 2021

年に2回、香炉灰を交換しましょう

年に2回、香炉灰を交換しましょう

(以下は日本のお客様向けのコラムの英訳です。)

 

YouYouAngのYです。

いかがお過ごしでしょうか。

お盆(お盆は先祖の霊を迎える日本の伝統的な行事です。)がやってくるので、桐箱に入った人気の商品「祈りと癒しの線香」と香炉灰「ひつじ雲」についてお話します。

まず、香炉灰「ひつじ雲」。

さらさらふわふわで、真っ白な香炉灰です。 お香を深く差しても、最後まで燃えるのが特徴。発売以来とても人気の高い商品です。お香を横に寝かせて焚くことができるので、お香が倒れたりする心配もなく安心してお使いいただけます。

灰が香炉に溜まって来てしまうと匂い移りがしたり、綺麗に燃えなくなってしまうこともあります。 毎日お仏壇などでお使いになる場合は年にXNUMX回ほど、お盆と年末くらいのタイミングで交換してください。

私はこの「ひつじ雲」をコーヒーカップに入れて使っています。 別の部屋でお香を焚きたい時にも移動しやすく、お掃除も灰をスプーンですくうだけで簡単です。

 

そして今年も人気の「祈りと癒しのお線香桐箱入り進物」。 やはり一番人気があります。 このシリーズは、悠々庵としてお線香を初めて作ったのが、このシリーズです。

祈りと癒しのお線香 桐箱進物5箱入り

生花のような生き生きとした香りのお線香を作りたい、というコンセプトから生まれたお線香です。 日本の四季を彩る花達は、 “静かに春を彩る桜・その姿が優美な藤・可憐なたたずまいの鈴蘭・涼やかに咲き誇る蓮・かわいい小さな花が芳香を放つ金木犀”のXNUMX種類です

お揃いの淡い色合いのオリジナルラッピングペーパーも大変好評です。 包んでの発送も承っておりますので、ご注文の際にお申し付けください。

 

熱帯夜の続く毎日ですが、スイカなど食べ過ぎないように、健やかにお過ごしくださいね。

 

お盆 お香 お香